ホーム>学院長のブログ>2011年10月
  • イメージ画像

2011年10月

平成23年度「きもの教授・教授補認定式」

毎年10月22日に行われます京都の三大祭の一つ「時代祭」に焦点をあわせ、本学院の「きもの教授・教授補認定式」が京大芝蘭会館において厳かに行われました。

「時代祭」は平安遷都1100年を記念し、明治28年平安神宮が造営され、その記念祭として延暦から明治に至る千年余の文物風俗を模した、時代風俗絵巻の行列です。

今年は前日からの雨模様で行列は延期になりましたので、古代友禅苑で「友禅染」の体験コースに変更いたしました。

受講生の皆さまは熱心に取り組み、小風呂敷に型友禅で描き、各自の名前を入れ、記念に残る作品を作りました。

CIMG2716.jpgCIMG2737.jpg

その後の認定式では、京都きものコンサルタント協会の熊谷理事長より「きもの教授・教授補」の免許、本学院の古谷理事長より「衣紋道名」「木看」が手渡されました。

CIMG2818.jpgCIMG2842.jpgCIMG2854.jpg

真新しい木看を手にした授与者一同、改めて「きもの文化普及」に取り組み、ますます「きものの輪」が広がることを願いました。

写真はその日の一コマです。

キモノ街あるき

「ユカタ街あるき」の好評に続き、平成23年11月1日より平成24年1月31日まで「キモノ街あるき」運動が始まります。

きもの普及を心から願っている学院としても、1人でも多勢の「きもの姿」が街にあふれることを願っております。

期間中に学院に立ち寄って入学を申し込まれた方には服装を問わず、入学金免除の特典を設けております。

尚、11月15日「きものの日」を記念して、毎年15日に近い日曜日に「全国いっせい無料きもの着付け教室」を開催しており、今年は11月13日(日)に岡山本校で行います。はじめての方、ふるってご参加ください。講師一同わかりやすくご指導いたします。

写真は昨年の一コマです。

DSCF0531.jpgDSCF0539.jpg

また当日13日、岡山後楽園「きもの園遊会」でも“きものを楽しく”というテーマで、きものショーを午後2時より能舞台で行います。他にもお茶席、市田ひろみさんのトークショー、狂言、筝曲なども楽しめます。

学院事務局で、お茶席、お弁当、入園券がセットになって2000円のチケットを取り扱いしております。ご希望の方は、事務局までお問合わせください。

この秋を「きもの」で楽しみませんか。

きもの百首の販売について

吉井睦美学院長のブログで取り上げられました「きもの百首」「新・きもの百首」を学院事務局で取り扱いしております。

どちらも1冊1000円(税込)、A5サイズ・56ページとなっております。

ご希望の方は、学院事務局までお電話かメールにてお気軽にお問合わせください。

CIMG2682.jpgCIMG2683.jpgCIMG2684.jpg

きもの百首

10月1日より「衣更え」。単衣のきものから袷のきものに変わります。

お茶会・文化祭など、きものを着る機会も増え、おしゃれもより楽しめますね。

お出かけのきもの姿を美しくするには「きものの知識と装いのコツ」を身につけておきますと、きもの姿がバージョンアップすること請け合いです。それには是非、拙著「きもの百首」の購読をおすすめします。

◎着るときのポイント ◎小物 ◎きものと帯 ◎調和とマナー ◎お手入れ

などを百首の歌にして覚えやすくしております。解説もついておりますので、わかりやすく、すぐ身につきますよ。

本学院では授業の前に2首づつ愛唱して覚えております。

CIMG2666.jpgDSCF0975.jpg

尚もう一歩踏み込んでみたい方には「新・きもの百首」をおすすめしています。

こちらには「装束」「染と織」「一般」「和裁」「マナー」を詠んでおります。

「きもの百首」の始まりの2首は、このような歌です。

「着る前に 小物履き物みな揃え 顔髪整え 手を洗うべし」

「装いの 補正する時 体型は ずん胴なで肩 はと胸がよし」

ご希望の方は、学院事務局で取り扱っておりますので、お問合わせくださいませ。

ページ上部へ